DDタープ(4×4)の張り方 まとめ

2019年10月5日

DDタープの張り方 まとめ

DDタープを購入してから2年程が経ちますが、今まで様々な場所で色々な張り方をしてきました。
家族で使用する時、ソロで使用する時、風が強い時、暑い時、寒い時、などなど、状況によって色々な張り方ができるのがこのDDタープの強みだと思っています。

私が使用しているDDタープのサイズは4x4

現在は、DD Hammocks社から色々なサイズのタープが出ていますが、私が使用しているタープのサイズは「4m x 4m」です。このサイズを選んだのは「大きい方が色々な張り方ができるでしょ!」っていう理由です。

実際に使ってみると確かに4mx4mだとサイズが大きい分、張り方のバリエーションはかなり多くなると思います。
ただ、ソロキャンプで使うにはサイズが大きすぎると思う事もあります。大きい分、重いですしね…。

もし、この記事を見て購入を感がる方がいるのであれば、自分はどのような状況で使う事が多いのかをよく考えてから購入してみてくださいね。

DDタープ4x4の詳細

サイズ
4m x 4m
カラー
オリーブグリーン(又はコヨーテブラウン)
重 量
1290g※ペグ等を含まない
付属品
ガイドライン×4、ペグ×4
耐水性
3000mm
190Tポリエステル
価格
12,000円

DDHammocksJapan 本家サイトへ

設営はできるだけ一人で

ソロキャンプを想定しているので、設営はできるだけ一人で行うようにしています。
なので、これからソロキャンプでタープ泊をしてみたいという方の参考になればうれしいなと思っています。

DDタープ4x4の張り方

テントの形にして張る(フルクローズ)

DDタープをテントにする

タープ泊をする時はこの形が一番好きです。フルクローズにできると安心感が違いますよね。開放的に寝たいという方もいると思いますが、私はしっかりと閉めて寝る方がいいんです。

夏は少し暑いですが、冬は暖かく過ごせますよ。張り方もとても簡単なのでとってもオススメです。

▼ 参考記事はこちら

DDタープ(4×4)をテントみたいにクローズできるように張る

夏用:蚊帳テント(モスキートネット)を装着

DDタープに蚊帳テントを装着

私はキャンプが好きなくせに虫が大の苦手というワガママなんです…。なので、虫のいる季節にタープ泊をする場合は蚊帳を使いたいんです。

私が使用している蚊帳テントは2,000円程で購入したのですが、作りもしっかりしているし、全然問題なく使用できています。

虫が嫌いだけどタープ泊をしてみたいという方にオススメの張り方です。

▼ 参考記事はこちら

DDタープ(4×4)と蚊帳テント(モスキートネット)で快適キャンプを目指す!

応用編:タープポールを使わずにタープを張る

タープポールを使わない

立っている木をタープポール代わりにして張っています。正直、この張り方はタープポールが必要ないので一番楽なんです。

できるだけ荷物を減らしたい時はタープポールを持って行くのって面倒ですからね…。

木が太すぎると入口の邪魔になってしまうのと、細すぎるとちょっと不安なので、太すぎず細すぎずちょうどいい木が見つかるとラッキーです。

▼ 参考記事はこちら

初めてのソロキャンプで初めてのタープ泊!長瀞キャンプヴィレッジ

風が強い日にオススメ。低めにタープを張ってシェルターを作る

風が強い日に張るタープ

これは風が強い日にオススメの張り方です。
あまり高さをださないようにしているので風の影響は受けにくいんです。
風が弱くなったらポールの高さを変えたり、暑くなったら後ろを広げたり、状況によって変化させています。

▼ 参考記事はこちら

初心者がDDタープ(4×4)でシェルターの設営練習

一般的なタープの使い方?小川張り?レクタ張り?

一般的なタープの張り方

すいません…。名前がちょっと曖昧なのですが、一般的なタープの張り方なのではないかと思います。
ちょっとしたピクニックの時に日除けとして使えるのがいいですよね。

この張り方のメリットはタープ内がかなり広々と使える事です。4x4だとちょっと大きすぎて目立ってしまうかもしれませんね…。
これも一人で設営していますが、設営の方法がちょっと面倒なので一回しかやった事がありません。

▼ 参考記事はこちら

初めてのDDタープ4×4に挑戦!(DDタープ + モンベルアルミタープポール280cm)

すごく簡単な日除けを作る

設営が簡単な張り方

これはすごく設営が簡単なのでタープを張るのが面倒な時はこの張り方をしています。
ただ、風の影響を受けやすいのと、タープ内が結構狭くなってしまうのが難点ですね…。

▼ 参考記事はこちら

埼玉県飯能市にある飯能河原でファミキャン!(デイキャンプ)

ビークフライ!DDタープの一部をフライシート代わりに使う

DDタープビークフライ

タープの一部をフライシート代わりに使い、フルクローズができる良い所どりの張り方です。冬キャンプでタープ泊をする時にやってみたい張り方だと思い、試し張りをしてきました。

居住性はとてもいいのですが、4x4でソロキャンプ用って感じだと思います。3x3だとちょっと狭いかもしれませんね。

▼ 参考記事はこちら

DDタープ4mx4m ビークフライ試し張り ┃ 設営方法

見た目がかっこいい!DDタープステルス張り

DDタープステルス張り

見た目がとってもかっこいい「ステルス張り」です。
ワンポールテントのような張り方になっているのでプライベートな居住空間を作る事ができます。

ペグの位置がわかっていれば設営もとっても簡単なので、気になる方は是非チャレンジしてみてください。

▼ 参考記事はこちら

DDタープ4mx4m ステルス張り(試し張り) ┃ 設営方法

広くて快適!DDタープ Aフレーム・フルクローズ

Aフレーム・フルクローズ

天井が高く、とっても広くて快適に過ごせるAフレームのフルクローズバージョンです。この形だとインナーテントや蚊帳などとも組み合わせやすそうです。

見た目も男らしくてかっこいいですよね。設営方法も簡単なので気になる方は是非、参考にしてみてください。

▼ 参考記事はこちら

DDタープ4×4 Aフレーム・フルクローズ ┃ 設営方法

後日、キャンプ場でもAフレームを張ってきました。この時は冬キャンプ(最低気温0度)で使用したのですが、多少の結露があったものの、びちょびちょになるような事もなく快適に過ごす事ができました。

▼ 参考記事はこちら

月川荘の林間サイトで冬ソロキャンプ ┃ タープ泊 / DDタープ4×4

DDタープは女性の方でも一人で簡単に張ることができます。

女性が一人でDDタープを張る

先日、私の妻がはじめてDDタープの設営にチャレンジしました。少し説明しただけで簡単に張る事ができてました。私の妻は身長が低い(154cm)ので、ポールを立てる時にちょっと苦戦していましたが、私が手伝う事もなく一人で設営しました。

女性の方でDDタープを張ってみたいという方は是非以下の記事も参考にしてみてくださいね。

▼ 参考記事はこちら

はじめてのDDタープ4×4設営 ┃ 女ソロキャンプへの道(1)

DDタープをデリカD5のカーサイドタープとして使用

カーサイドタープ

カーサイドタープについて質問される事が多かったので、デリカD5とDDタープを連結してカーサイドタープとして使用してみました。我が家は小さな子供がいるのでお座敷スタイルが基本。少し低めにタープを張ったので、一般的なカーサイドタープとは少し形が違うのですが、なんとかカタチになったんじゃないかと思います。

▼ 参考記事はこちら

DDタープ4x4をデリカD5のカーサイドタープとして使用してみました

DDタープは面白い!

これ以外にもその場の状況に応じて色々な張り方をしています。
自分のオリジナルの張り方を研究してみるのも面白いかもしれませんね。

興味のある方はDDタープで遊んでみてください。

色々な場所でDDタープ4x4を張って遊んでいます。

YouTubeチャンネルはこちら

キャンプ(ファミキャン、ソロキャンプ等)や登山、山林開拓、その他アウトドアなどの動画をYouTubeに投稿しています。継続して投稿していきますので、登録して頂けるとうれしいです。

TSUKURU2.0.0YouTubeチャンネル

スポンサードリンク