初心者がDDタープ(4×4)でシェルターの設営練習

2018年5月6日

タープ泊をしてみたい

DDタープを購入してから、いつかタープ泊をしてみたいと思うようになりました。でも、キャンプ初心者にとってタープ泊ってちょっとハードルが高いんですよね…。
悩んでいても仕方がないので、とりあえず色々な張り方ができるように練習する事にしました。

タープ泊の魅力(DDタープの魅力)

テントを張ってキャンプをすれば、もちろん安全だし快適に過ごす事ができます。でも、せっかくキャンプをするのだから、いつもと一味違った体験をしたいって思うこともあるんですよね。

タープ一枚を色々な形に変形させて、自分が楽しめる空間を作ることがタープ泊の一番の魅力なのかなと思っています。

DDタープは、その楽しい時間を私に与えてくれるんです。

DDタープでシェルターを作る

今回はDDタープでシェルターを作ってみました。シェルターというのは「避難所」って感じの意味ですかね。そのままですけど(汗)

一般的なテントはインナーテントとフライシートで構成されてますが、インナーテントはなくてグランドシートだけにするようなイメージです。

シェルターを作れば雨や風が凌げるので、虫が気にならなければこれだけでも全然大丈夫ですね。

タープを張る練習をする場所

キャンプ場等で練習するのが一番いいんですが、私達はよく河川敷の広場などで練習しています。
テントやタープを張る事が禁止されている場所はもちろんダメですが、河川敷はOKな場所も多いので練習にはもってこいなんです。

河川敷を利用している他の方の邪魔にならない場所を選び、ひっそりと練習しています。

YouTubeチャンネルはこちら

キャンプ(ファミキャン、ソロキャンプ、コラボキャンプ)や登山、その他アウトドアなどの動画をYouTubeに投稿しています。
継続して投稿していきますので、登録して頂けるとうれしいです。

TSUKURU2.0.0YouTubeチャンネル

動画はこちら

いつかキャンプでタープ泊ができるように初心者がDDタープ(4x4)でシェルターの設営練習をしてみました。

関連動画

DDタープ(4x4)をテントみたいにクローズできるように設営してみました。

スポンサードリンク