山を買うと後悔する?山を買って失敗しない為に考えておくこと

2021年11月17日

山を買って後悔

山の土地を買って1年3か月目ぐらいなのですが、現在『山を買って後悔している人もいる』ということを聞きました。私達は現在でも毎週のように山に行っていて、今の所、後悔の気持ちは全くありません。

むしろ、こんなに楽しいことは無いんじゃないか?と思うぐらいです。ただ、山の土地を持つことはメリットもあれば当然デメリットもあります。

今回は山を買って後悔している人はどのような事で後悔しているのかをまとめてみました。

キャンプ場を作るはずが・・・全然思ったように行かなかった

数年前からはじまって現在も続いているキャンプブーム。私たちもキャンプが好きで、色々なキャンプ場でキャンプをしました。ソロキャンプからファミリーキャンプまで様々で、山を買おうと思ったきっかけでもあります。

ただ、私達は(一般公開型の)キャンプ場を作ろうとしているわけではなかったので、『この山でもたまにキャンプしようかな』ぐらいな感じでした。

そもそも、山でキャンプをしようとすると『炊事場』『トイレ』『電気関係』などなど必要なものも多いし、結構大変だと思うんですよね。
まぁ、ソロキャンプだったらトイレや炊事場なんて必要ないですが、一般的なキャンプ場として考えると必要なものは多いと思います。

それらを設置する為にどれくらいのコストと労力がかかるのか…。考えると大変です。とりあえず山を買ったけど何もできない…。って後悔している人が多いようです。

山を買うと草刈り地獄になる…。

ウッドデッキに防虫防腐塗料を塗る

私達の山は常緑樹が沢山生えている関係で雑草がほとんど生えません。その為、草刈りはほとんど必要ないんですよね。その分、日当たりが良くないというデメリットもありますが、草刈り地獄になるよりはマシかな…と。

木が少ない土地を買ってしまうと、本当に草刈りが大変らしいです。夏は毎週のように草刈り。草刈りをしないと土地に入っていくことすらできないなんてこともざらだとか。山を買う前に、その土地がどのような環境なのかをしっかりと把握しておかないといけないですね。

近隣の住民とトラブルになってしまった。

山を買って、いざ作業をしようと思った瞬間に近隣の住人からクレームが入り、まったく何もできなくなったという声を聞きました。確かに知らない土地から来た人がいきなりユンボで土地を削っていたら、元々住んでいた人からすると気持ちいいものではないかもしれないですね…。きちんと説明をすれば理解してくれる方も多いと思いますが、今の時代は何があるかわからないので怖いですよね。

幸い、私達の土地は周りからはまったく見えない場所に位置していて、かつ近くに住居がないので安心して作業をしています。地元の方ともお話をしましたが、皆さんとても理解のある方達で、私達の活動に対して好意的だったように感じました。その辺りは『運』としかいいようがないので、できるならば山を買う前に周辺の方達にお話しだけでもしてみた方がよいかもしれないですね。

不法投棄をされる可能性がある

山に不法投棄されるケースも少なくないようです。
不法投棄される場所の特徴としては、『人目につきにくい』『ごみが放置されている場所』『暗い場所』『車が停められやすい場所』などが挙げられますが、それらに当てはまるような場所の場合は要注意です。不法投棄した犯人が特定できなければ、土地の所有者・占有者の責任になるようです…。撤去費用ももちろん実費になるので、かなりキツイですよね…。

猪や熊などの野生動物が出て大騒ぎになった

山にはイノシシがいますし、熊もいます。いないかもしれないですが、基本的にはいるものと思っていた方がいいと思います。
私達も山の土地を購入した当初は『熊が出たらやだな~』とか『野生の鹿が見れるかな?』とか、色々と想像しました。1年以上経った現在、鳥以外で見た事がある野生動物は『猿』一匹だけです…。

まぁ、私達の土地はそんなに山奥ってほどの場所ではないので、野生動物もここまで下りてこないのかもしれないですね。近隣住民の話だとシカやイノシシを見た事がある人は多いので、いつかは見る機会があるかもしれません。

キャンプ場に野生の熊が出て人を襲ったという話もあるので、常に警戒はしておかないといけないと思っています。

まとめ

山を買って後悔している人はとても多いと聞きます。
私達も土地を買うまでは、様々なリスクについて考えたり、色々な方の話を聞いて勉強をしました。
幸い何事もなく楽しく山で過ごしていますが、今後何が起こるかわからないので、初心を忘れずにしっかりと注意していきたいと思っています。

YouTubeで山開拓の様子を投稿しているので、よろしければ是非覗いてみてくださいね。
山の開拓チャンネル

こつこつと手作業で山を開拓しています。

大きな重機やチェーンソーを使わず、こつこつと手作業で山の開拓をしています。
その開拓記録をYouTubeに投稿しているのでよろしければ是非ご覧ください。

スポンサードリンク