山の斜面にウッドデッキ付きの物置小屋を作る

2021年10月1日

山の中に物置を作る(DIY)

普段は荒れた山の整備や整地などを行っています。
枯れ木を伐ったり、倒木の処理をしたり、平坦な地を少しずつ広げたりって感じですね。
それらが落ち着くまでは山の中に物を作るつもりがなかったんですが、どうしても欲しいものがあったんです。
それが『物置』です。

車から作業用具を持って運ぶのが大変…

基本的には毎回車から作業道具を運んでいます。特に大きなものは大変なんですよね…。
高枝ノコギリであったり、鍬、草刈り鎌、などなど、いつも苦労しています。

車から運ぶのが面倒・・・という理由で、モノを増やせないっていうのも辛い現状です。
物置ができれば作業の効率が格段にアップするんじゃないか。
・・・という理由で、物置を作ることにしました。

どんな場所に物置を作るか?

最近、拠点として使っている『第二の平坦地』と名付けている場所に作ろうと思います。
そこは、私の所有している土地の中心に近いところで、立ち枯れした木も少なく、わりと安全な場所なんです。
その場所に作れば、様々な場所にアクセスできるし、子供達が遊んでいる場所でもあるので、良いかな・・・と。

平坦な場所に作るか?それとも斜面に作るか?

これについては少し迷いました。
平坦な場所に作った方が簡単なのは誰にでもわかることです。
ただ、せっかく広げている平坦な場所が狭くなるのが嫌なんですよね…。もったいないというか…。

少しハードルは高くなってしまいますが、今回は斜面に物置を作ることにしました。

ウッドデッキが付いた物置にしたい。

普通の物置を作るだけだと子供達も楽しめないし・・・ってことで、今回はウッドデッキ付きの物置を作ることにしました。
まずはウッドデッキ付きの物置を作って、そこから滑り台をつけてみたり、ちょっと遊べる形にしていきたいと思っています。

まだ始めたばかりだし、今後どのようになるかわかりませんが、少しずつ完成させていこうと思います。

物置の基礎作りをはじめる

DIYは少しかじった事があるものの、これほど大きなものを作るのは初めてです。ハッキリ言って素人…。
とりあえずネット上で作り方を調べ、あとは作りながら覚えていこうかなって感じです。
たくさん失敗をするかもしれないですが、少しずつ学んでいければいいかと。

基礎作り編は以下の動画にあるので、よろしければご視聴ください。

こつこつと手作業で山を開拓しています。

大きな重機やチェーンソーを使わず、こつこつと手作業で山の開拓をしています。
その開拓記録をYouTubeに投稿しているのでよろしければ是非ご覧ください。

スポンサードリンク